2018年9月18日火曜日

BASKING COFFEE'S PHILOSOPHY〜店主の仕事観〜


開業当初に走り書きしたメモ。

「働く」「遊ぶ」「学ぶ」

ぼくはこの3つの要素は、相互的に強く影響しあっていると思っています。

ここでいう 「遊ぶ」とは、「無目的に、自分の好奇心の赴くまま何かに取り組むこと」と定義します。

小さな子どもを観察していると、遊ぶことの大事さに気付かされます。
いや思い出させられるか。

まだ固定観念がない子ども達にとっては「遊びから学びを得ていく」ということがごくごく自然なことのようです。

遊ぶことによって学びを得ていき、その学びが積み重なったときに、「一芸に秀でる」ことができる。そこに社会的価値が生まれることがあると思うのです。

つまり、そのとき「遊び」がその人の「仕事」になる。

ただし、「どれだけ本気で遊んだか」が大事で、何となくやっているだけではその分野において突出することはなかなか難しい。

本人にとっては「努力している」という自覚はなくても、周りからあいつクレイジーだと言われるほど、のめり込んで遊ぶということです。

逆に、「俺、努力しているなぁ」とか思ってしまうようなものは、その人に向いていないのかも知れません。


また、その人は「仕事」を通じて人生を学ぶことができます。

僕自身、いつもコーヒーからたくさんのことを学んでいます。

積み重ねていくことの大切さや、人間関係、物事をコントロールしようとしないこと、対象をリスペクトすること、など。

きっと、どんな種類の仕事にも、人生についての大切なヒントが含まれていて、僕たち次第で、そこから学びを得ていけるものではないでしょうか。おそらく無限に。



そして学ぶことで人は変化し、その人の「遊び」もまた変化していきます。
以前は興味がなかったはずのものの面白みが理解できるようになったり、出会う人も変化して、そこからまた新しい世界を知っていく。

全部がダイナミックに相互作用をしていて、補完し合い、影響を与え合いながら、自分を形成していく要素になる。

そういう意味では、コーヒー屋という仕事はぼくにとって、「仕事」であり「遊び」であり「学び」です。

終わりのないライフワークみたいなものですかね・・・。

この開業時にあったこの個人的な仕事観は、BASKING COFFEEが「チーム」となった今でも、根幹部分としてずっとあるような気がしています。


続くかも


BASKING COFFEE オンラインショップ
http://baskingcoffee.shop-pro.jp
























2018年8月29日水曜日

【価格改定のおしらせ】


いつもBASKING COFFEEをご利用頂いている皆様にお知らせがあります。

当店では2018101日より、ドリンクメニューの価格改定をさせて頂くことにいたしました。

オープン当初より、「高品質のコーヒーをもっと気軽に皆さまに飲んで頂きたい」という想いのもと「本日のコーヒー」を含め、ドリンクメニューに関しましては出来る限りリーズナブルな価格でご提供できるよう努めて参りました。

しかしながら近年、スペシャルティコーヒーが世界的に需要が高まり、年々価格が高騰しています。

それに加え、今後のコーヒー豆の直輸入のための継続的な資金の確保を考慮しますと、どうしても現在の価格帯を変えざるを得ないと判断いたしました。

 ドリンクメニューの価格を以下のように改定いたします。

本日のコーヒー 200円→300
カプチーノ 340円→380
ラテ 380円→400
エスプレッソ 280円→350
マッキアート 320円→380
ヘーゼルナッツカフェモカ 500円→550
ADVENTUROUS 420円→450

当店には毎日のようにご利用くださるお客さまもたくさんいらっしゃいますので、今回の価格改定は大変心苦しい決断でした。

 ですが、コストを下げるために品質を下げるようなことはしたくありませんし、生産国の農家さんにも、持続的に利益を還元させていかなければとの思いもあります。

 今後も素晴らしいコーヒーを皆さまへお届けしていけるよう、努めてまいりますのでどうぞご理解頂けますようお願い致します。     

なお、コーヒー豆ご購入の方へのドリンク一杯サービスは今後も継続させて頂きますのでどうぞご利用ください。


BASKING COFFEE  榎原 圭太

2018年8月28日火曜日

Costa Rica 「Los Robles」入荷しました!

今年買い付けたコスタリカのロブレスさんのコーヒーが遂にお店に届きました。






先月ほど前から、「新しいコスタリカはまだ?」と聞いてくださるお客様もいらっしゃって(有り難いです)、僕たちBASKING スタッフも、到着をそわそわしながら待ち望んでいたこの1か月。

今年も相変わらず輸入業務に四苦八苦してしまいましたが、、、とにかく無事に20袋、届いてくれて本当に嬉しい。

2018年コスタリカ「ロス・ロブレス」。





今年はダブルウォッシュト、ナチュラル、イエローハニーの3種プロセス違いです。

まずは、ダブルウォッシュトから販売開始致します。

あとの2種に関しては、、、

今、ちょっと考えているのはイエローハニーとナチュラルをブレンドしてみるかなと。

それぞれ、「イメージするブレンド」のために配合も焙煎度合も調整して。

同じ農園のプロセス違いのブレンド。

こういうのって、まさに僕の思う「ファーマーとロースターのコラボレーション/共同創作」だなと思います。

もちろん素材をそのまま活かすシングルオリジンもそうなんだけれど、それより少しだけ「調理」の要素を加えてみたい。BASKINGの成分を少し増やすというか(笑)。
そして、やるからにはシングルオリジンにはない、新たな魅力を引き出したい。
よりオリジナルな味わいを創りたい。

そんな風に思いまして。

こちらも近々、販売できると思います!

今年からコスタリカは豆袋も変わります。
農園主のロブレスさんの顔を知人のアーティストhitomiさんに描いて頂き、デザインも一新。



これ、「点描」なんです。とても丁寧に、時間をかけて描いて頂きました。ありがとうございます。

これでまた思い入れがどんどん強くなる(笑)


ダブルウォッシュトの方は白地ベースで、イエローハニーとナチュラルのブレンドの方は“Beyond unique”シリーズとして、黒地ベースでデザインしてもらいました。

なぜ農家さんの顔かというと、コーヒーはやはり“人”だと思うからです。

人は人に惹かれ、人のもとに人が集まる。
何が媒体となるかの違いがあるだけで、コーヒーに限らない話だと思います。

時代が変わって、AIが色々と僕たちの手助けをしてくれるようになったとしても、人が普遍的に求めるものは有機的なコミュニケーションであり続ける気がしています。

僕は人を通して何かを表現したい。人とのつながりで生まれるものの価値を高めたい。

そういう思いを込めました。

本日(8月28日)焙煎しましたので、店頭・オンラインにて販売開始致します。

どうぞよろしくお願いします!

コスタリカ・ロスロブレスのオンラインショップはこちら









2018年7月16日月曜日

お陰さまで4周年

BASKING COFFEEは、7月20日で4周年を迎えます。
いつも本当にありがとうございます。

もう4年かぁ・・・。時間はあっという間に過ぎていきますね。

気がつけば一緒に働いてくれる仲間も増えました。

開業当初と比べるとやっぱり、コーヒーの味も、お客さんも、僕も、お店も少しずつ変化していっているなと感じます。

ただ、このお店の“核の部分”はずっと変わっていなくて、それに共鳴してくれる人たちとずっとこの先も進んでいくのだろうと思っています。

まぁ、ライフワークですね。

本当にこの仕事が楽しくて。

この仕事をさせてくれている周りの方達に、心から感謝します。


さて、4周年ということで、いくつか催しをご用意しております。

・4th anniversary coffeeを7月21日、22日のみの限定販売!!

去年に続き、今年も「ナインティプラス社」のエチオピアを使用します。


ナインティプラス社とは、2006年に創業した、独自のコーヒーを作っている会社です。

1000を越えるマイクロクライメイトに、多数の品種を調査・研究し、5種類の独自の生産処理の組み合わせによって、彼らの素晴らしいコーヒーは作られています。

今回販売するのは「Hachira」


洋梨やアプリコットのような風味を持ち、飛ぶ抜けて複雑、かつ個性的なコーヒーです。

50gの豆販売、もしくは店頭でお飲みいただく形となります。

1年に一度しかお目にかかれない記念コーヒーをぜひ、ご賞味ください。




(こちらのコーヒーは、店頭販売のみとさせて頂きます)

4th anniversary coffeeの豆をご購入の方に、オリジナルバッジをプレゼント!

今年で3個目となります。先着70個です。バッジは今回で最後になるかも。


・22日に「コーヒーとワインのゆうべ」開催!



大名にあるワインバー「黄昏」さん をお迎えして、その日だけの特別なコーヒーとナチュラルワインとスパイスカレーをご提供して頂きます。

開催日時
7月22日(日)
15:00~22:00

場所
BASKING COFFEE

めちゃ美味しいワインが割安で飲める滅多にない機会です。僕たちもこの日は飲みます(笑)。みんなでゆるく楽しく過ごしましょう。


予約なしのオンキャッシュですので、お気軽に遊びにきてください!










2018年5月26日土曜日

アイスコーヒーの作り方。〜上級編〜

大した話ではありませんが、ちょっとしたヒントになれば・・・。

〜アイスコーヒーを自宅で淹れる時は〜

いつもお客さんに伝えているのは、「ホットで淹れるときの半分の量のお湯で抽出して、同量の氷で急冷する」やり方です。

具体的に言うと、

【フレンチプレス】

HOT
豆16g 湯280cc

ICE
豆16g 湯140cc 氷140cc

【ハンドドリップ】

HOT
豆16g 湯230cc

ICE
豆16g 湯115cc 氷115cc

【エアロプレス】

HOT
豆16g 湯216cc

ICE
豆16g 氷108cc 湯108cc (=1:1)

と言った感じです。

で、もう少し踏み込んで説明しますと、

「コーヒー豆の特性によって氷とお湯の割合を微調整するのもあり」です。

例えばエアロプレスで淹れる際、豆の量は変えず、

氷86cc 湯130cc(=4:6) ②氷130cc 湯86cc(=6:4)

この2つでも味の違いが現れます。

氷の割合が少なくなると(①)、マウスフィールに厚みと重さがでて、風味の濃縮感が強くなる感じです。逆に氷の割合が多くなると(②)、透明感が出て、酸味がややシャープになり、後口の余韻に複雑な風味が残ります。


左が①と右が②です。色味も違いますね。


BASKINGのラインナップだと、

ブラジル、エルサルバドル、ナチュラルプロセスの豆、深煎りの豆などボディや甘さを強調したいとき
→①

エチオピア、ルワンダ、コスタリカ、フリィウォッシュトの豆など酸の明るさや果実感を強調したいとき
→②

にすると、より個性を活かせるかなと思います。

ただし、お湯が極端に少なくなりすぎたら、粉の成分を十分に引き出す前に抽出が終了してしまいますので注意。

他の淹れ方でも同様で、豆の鮮度や特性にあわせて、レシピを固定せず、豆と会話するようにコーヒーを淹れるのも、一つの楽しみだなぁと、僕は思っています。

ぜひ、遊びの幅を拡げて、自由にコーヒーを淹れてみてください!!


BASKING COFFEEオンラインショップ









2018年5月16日水曜日

スタッフ募集!





BASKING COFFEEではスタッフを募集しています。
【募集職種】
アルバイトスタッフ
(土日含む週2〜4程度、勤務時間9時間 休憩1時間含む)
【仕事内容】
店頭での接客・コーヒー豆販売・ドリンク作成など業務全般
【応募条件】
・コーヒーが心から好きな方
・BASKINGに来たことがある方
・接客経験が1年以上ある方(コーヒー未経験でもOK)
・長期的に働ける方
ご興味ある方は履歴書を直接お店にお持ち頂くか、店舗住所までご郵送下さい。
〒813-0044
福岡市東区千早4丁目10-1 リングローブ1F中央ホール
BASKING COFFEE
TEL 092-682-5515
担当 エノハラ
書類選考の上、面接実施の場合のみこちらからご連絡させて頂きます。
履歴書の返却は致しません。ご了承下さい。 
よろしくお願いします



2018年3月26日月曜日

焙煎のこと

最近、合間ををぬってtatsuyaさんと一緒に焙煎をするようにしています。

本格的に焙煎を誰かに教えるのは初めてですが、日々、「焙煎を教えるのは難しいなぁ」と感じています。

焙煎に影響を与える要素って、あげるときりがないのですが、

気温、湿度、気圧、生豆の温度や鮮度、生豆の個性、焙煎機の性質、蓄熱度、ダンパーの開放度、焙煎機の年齢、ダクトの通煙性、焙煎室の通気性、広さ、火力の強さ、タイミング・・・。

まだまだありそうですがこれくらいでやめておきます。






焙煎士はこうした中で少しでも理想の焙煎に近づけるために、上に記したようなことを細かく数値化し、記録して、試行錯誤しながら焙煎をコントロールできるように努めます。

データがある程度蓄積されていけば、「ああ、この豆はこのタイミングでこれくらいの火力をいれると、こんな風になるのだな」といった傾向は見えてきます。

ですが、ここで注意しないといけないのは、僕らが知ることができるのはあくまで「傾向」なんですよね・・・。

あくまで私感ですが、焙煎は抽出に比べてその「傾向」があてにならないような気がしています。
むしろ、「その瞬間に起こっていることに五感で対応していく」ということの方が、より求められるんじゃないかなぁ。
いや、両方大事なんですけれどね。

極端に言えば、焙煎をしている当人の対応力が最優先されるべきであって、他の誰かが作り上げたプロファイルを無感覚に流れ作業のようにこなしているだけになってしまうと、あまり焙煎をやる意味がなくなってしまうんじゃないか、と。
工業製品じゃないんだから。





では、焙煎を突き詰めようとする人にとって必要なこととは?

まずコーヒーへの深い愛情と探究心(良いコーヒーとは何か?という問い)。

それから(その人の五感は仕事以外の時間も培われているので)、どういった生活をしているか、どんなものを食べているかまで意識的でいること。

ってことになるのかな?

なんかまとまりが悪くなっちゃいましたが、要するに焙煎に関してぼくが教えることができるのは「傾向」と「焙煎機の操作方法」くらいかなぁ、と(笑)。

がんばってください、tatsuyaさん(笑)。

BASKING COFFEEオンラインショップ
http://baskingcoffee.shop-pro.jp